東雲水門

【ポイント情報】東雲水門

東京湾奥には複数の水門がありますがこちらも有名な水門の一つ。
過去には左のコンクリートが白い部分に水門がもう一つあったそうですが今は三つです。

アクセス

概要

設備等:トイレなし。街灯はありますが薄暗いです。
駐車場:なし。近隣の有料駐車場をご利用ください。
電車等:有楽町線 豊洲駅より歩いて10分程
その他:コンビニは駅の近くにあります。釣り具屋はありません。

散歩道ですので犬の散歩やランニングをする方もいます。キャストする際は十分にご注意ください。

岸壁が整備されており柵で囲まれているため安全に釣りが出来ます。
岸壁の高さはそこまで高くありませんが干潮時には5mのタモ網があると安心です。
運河の途中にある水門なので水質はあまり良好とはいえません。

攻め方・狙い方等

水門の狙い方は水の流れの変化を攻めることがセオリーです。
開閉が頻繁に行われる水門であれば開閉時に出来る流れの変化を攻めることも可能ですが、東雲水門はだいたい開いていますので、潮の満ち引きのタイミングで出来る流れの変化を狙うのが良いでしょう。

水門により流れが強制的に流れが歪められているので、流れのはやいところと止まっている場所があります。
その差が生まれる場所がねらい目です。
この東雲水門でもこの流れの境が生まれる場所でボイルを見ることができます。

川幅は100m程ですが、水門から少し先は広がっているため流れが緩やかになります。

この広がりがある側はこのような地形になっています。

個人的にはこの先の奥がねらい目。

画像の奥に見える魚の隠れ家っぽいところです。
この少し奥に落として誘い出すことができれば・・・!

その他にもこのポイントは護岸が続いてますので、岸壁についた魚を狙ってテクトロもできます。

その他情報、釣果情報など

釣れる魚種はシーバスだけでなく、チヌなどもいるようです。
バチ抜けも期待できるポイント。確認でき次第更新していきます。

関連HPリンク

タイトルとURLをコピーしました