水の広場公園(西地区)

【釣行録】2021年11月2日(火) in 水の広場公園(西地区)★★

久しぶりの仕事終わりの釣行。
秋もだいぶ深まってきておりますが、仕事に追われてしまい、これまでなかなか夕方の時間が取れず。
しばらくまともに釣りに行くことも、記事を更新をすることも出来ておりませんでした。
場所は通勤途中にある水の広場公園。

ポイント情報

諸条件・コンディション

 時間:18時30分~20時30分(日の入り:16:45頃)
 場所:水の広場公園(西地区)
 天気:晴れ
 潮周:中潮 ほぼ満潮からの下げ
 水質:少し濁りがあるも比較的クリア
 海面:ざわつく程度だが、比較的綺麗な面
 風等:弱い北東の風

タイドグラフ

出典元:気象庁 https://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/db/tide/suisan/suisan.php

釣行概況

秋のシーズン真っ只中ということで非常に混み合っていました。

何とか隙間を見つけてあけみ橋付近で場所を確保。

日の沈むのも早くなりあたりは薄暗くなってきている時間帯。
橋に出来る明暗を狙いました。
潮もゆっくり流れ始めていました。

ベイトは何か確認できませんが、海面のあちこちに生命反応をあり。
釣れそうです!

選択ルアー①

この状況で選択したのはガルバスリム 80s(カラー:ハッピーレモン)。

<選択理由>
・昨年の実績あり
・表層直下をゆっくり流したい
・飛距離のあるルアーで広く狙いたい

昨年の秋に数多くの釣果を記録しているルアー。
個人的に信頼しているルアーです。

まずはデットスローで巻き、表層直下を広く探っていきます。

投げながら状況を確認しますが、ボイルなどは見られず。
ベイトの小さな魚の群れが海面に波紋を作ったりしているので、その近辺を狙って投げていきました。

橋脚付近を狙ってキャストし5~6巻きくらいでした。
ん?っと思った直後、「ドン!」と大きなアタリ。

重さもしっかり感じることが出来たので、あわせを入れてHIT!
エラ洗いをされながらもゆっくり引き寄せます。

重み的に40cm前後。
姿も肉眼で確認出来、タモ網をつかみ水中に入れた瞬間のエラ洗い。

あっと思った時には遅く針が外れてしまいました。痛恨の1バラシ。。。

その後、様々なルートで狙うもアタリがなかったので、ここでルアーチェンジ。

選択ルアー②

この状況で選択したのはガルバスリム 87s(カラー:レッドヘッド)。

<選択理由>
・ベイトがいるので存在感を出す
・表層直下をゆっくり流したい
・遠目に見える潮のヨレを狙いたい

ルアーの存在感を出し、魚を寄せる作戦です。
こちらもデットスローで巻き、水面直下をゆらゆら漂わせるように流します。

しかし、数投するもあたりなし。
届くかどうかとの遠目に目をやると、潮のヨレている所で何やら動きがありそう。
そこにキャストしました。

着水後、少し沈ませ、3巻き目でした。

下から突き上げる形で大きなあたり。
ルアーが浮きながらそのままエラ洗いの恰好になるHIT!

重さはあまりないですが、良く動き回ります。これの駆け引きが楽しいですね。
慎重に引き寄せていましたが、針のかかりが浅いと感じていた最中に、フワっとした感覚に・・・
痛恨の2バラシ目です。

なかなかキャッチできません。。。悔しい。。。

その後も数投するもアタリが出ず。こうなるとルアーチェンジです。

選択ルアー③

この状況で選択したのはスイッチヒッター 65s(カラー:レッドヘッド)。

<選択理由>
・食い気がなさそうなので、サイズダウン
・表層直下よりもう少しだけ沈めてゆっくり流したい
・広範囲に遠投したい

ベイトが表層直下にいるので、レンジはほぼ変えずにシルエットを小さくする作戦です。
食い気がないときは良くこの作戦を使います。

特にスイッチヒッターのゆったりとした動きはこういう時に有効だと感じています。

広範囲に狙って投げました探っていきます。
橋脚付近に着水でき、「いいところに飛んだな」って思っていた時でした。

数巻きして、「ゴン!」っと鋭いアタリ。
今回もすぐに機敏に動き回ります。

重さ的には今まで一番軽い。
しかし、貴重な一本。ドラグも超弱気設定!
慎重に寄せ何とかキャッチ出来ました。

まだまだあどけない顔をしたシーバス君です。

サイズはぎりぎり40cm。
もう少しでセイゴを卒業できる綺麗なシーバスでした。

釣り上げた後もずっと元気、リリース後も元気に泳いでいきました。
大満足です。

この後は、少し人が空いて来たようなので広いエリアへ移動しました。
こちらの方がベイトが湧いているおり海面がにぎやかでした。

ベイト調査のため、少し早巻。
針にかかったのは10~15cmくらいサッパでした。

これでは今のスイッチヒッターは少し小さい。
一回りサイズをアップさせます。

選択ルアー④

この状況で選択したのはスイッチヒッター 85s(カラー:レッドヘッド)。

基本的に狙いは一緒ですが、ベイトに合わせてサイズを上げました。
こういうのが結構重要だと思っています。

場所を変えて2投目でした。
「ゴツン」とにぶいアタリと共に強い引きでHIT。

強い引きで左右に引かれます。重さもあるのでサイズアップが期待できます。
目で見える位置になりましたが、60cmはありそう!
鼻息荒く、興奮気味にタモに手をかけた時でした。

プンっ!っと寂しい感覚。

まさかのスナップからルアーが外れてしまいました。
ルアーはおそらく魚につけっぱなしの状態。
かわいそうなことをしてしまいました。これは私が悪い。猛省です。。。

スナップを変え、気を取り直して再チャレンジ。

同じルアーを使いたかったですが、なかったのでガルバの87sを選択。

存在感のあるルアーをゆっくりベイトの群れの中を流します。

巻き速度は表層下のレンジを維持できる最低限の速度でゆらゆら流します。

それでもベイトにごつごつあたる感覚。
相当数のベイトがいる感じですね。

この後、何度もかけるもバラシをしてしまいました。
こんなにバラしてしまうのははじめてです。針をメンテしないと駄目ですね。

アタリはあるので、同じく表層下を試します。
巻きスピードをちょこちょこ変え、少し早く巻いた時でした。

水面が炸裂するようなアタリでHIT!

重さはないですが、上下左右に良く動き回りました。最高です。

身長にタモ入れし、2匹目をキャッチ。

痩せてはいましたが、55cmの綺麗なシーバスでした。
これからいっぱい食べて大きくなっていくような個体だと思います。

リリース後も元気に泳いでいきました。

その後も釣れそうでしたが、家庭の事情もありは納竿。

今日はバラシも多かったですが、秋を感じる釣果も出来たので大満足です。

秋のシーズンもこれから?ですかね。

自然に感謝しながら、秋を堪能したいと思います。
ありがとうございました。

HITルアー

使用タックル

タイトルとURLをコピーしました