有明北緑道公園

【釣行録】2021年4月15日(木) in 有明北緑道公園 ★

仕事終わりの短時間釣行に行ってきました。
狙いはバチ抜け。
水の広場公園から各ポイントを回るも先客がいたので断念。
前日に雨が降ったからでしょうか。

行きついたのは有明北緑道公園。

ポイント情報

ここもバチ抜けが期待できるポイントです。

諸条件・コンディション

 時間:19時00分~20時10分(日没:18:14頃)
 場所:有明北緑道公園
 天気:晴れ
 潮周:中潮 満潮からの下げ潮
 水質:濁り強め
 海面:ざわつき
 風等:弱い南東

タイドグラフ

出典元:気象庁 https://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/db/tide/suisan/suisan.php

釣行概況

人は多少いるくらい。
橋脚を狙える場所に陣取りました。

満潮の潮止まりの時間でしたが、潮の動きはじめでした。
流れが橋脚にぶつかり歪むのがなんとも釣れそうです。
目視でバチは確認できず。

選択ルアー①

この状況ではじめに選択したのはエリア10(カラー:クリアークラウン)。

※画像をクリックするとアマゾンの検索サイト飛びます。

<選択理由>
・まずは表層直下を狙いたい
・バチ抜けド定番ルアー

はじめから本気です。
キャストしながら状況チェック。
結構な濁りがきついですが、風が落ち着き海面が切れになってきました。

10投くらいするも当たりなし。
しかし、クルクルバチが少し出てきました。

選択ルアー②

バチの確認ができたので、ノガレ120F(カラー:銀粉レインボー)へチェンジ。

※画像をクリックするとアマゾンの検索サイト飛びます。

<選択理由>
・バチ抜け最強
・風が落ち着いてきた
・海面が落ち着いてきた

個人的にバチ抜けに圧倒的な信頼をおいているルアーです。
しかし、軽いので飛距離がでない。
そして、風があるときに使うとライントラブル等で釣りどころでなくなる。
これは私の腕の問題ですね。

まずは潮の流れに逆らわず上流側から放射上に探っていきます。
3~4投目くらいで立ち位置のほぼ真正面にキャストした時でした。

リトリーブ速度は引き波が立たないくらいの超デットスロー。
3分の1くらい巻いたくらいで、「バシャン!」とHIT!

あわせを入れたら吹っ飛んでくるくらい重さ。
しかし、元気に動き回ってくれました。

タモを使わずに引き抜いてキャッチ。

30㎝弱の綺麗なセイゴ君です。

針は3本しっかりかかっています。
ノガレのフッキングはすごいですよね。魚には申し訳ないですが、、、
そして、釣れる時は顎にかかることが多い。バチを捕食するときはそうなるのかな。

すぐに針を外しリリース。
また、大きくなって遊んでほしいですね。

この後も数投しましたが、その後はあたりなし。
少しボイルは確認できるのにな。
港湾部の本格的なバチ抜けはもう少し後かな。

季節は春ですが、まだまだ夜は寒いので今日は粘らず撤退。
短時間釣行でしたが、とても楽しい釣りでした。
自然に感謝。ありがとうございました。

使用ルアー

※画像をクリックするとアマゾンの検索ページにとびます。

タイトルとURLをコピーしました