水の広場公園(西地区)

【釣行録】2020年10月16日(金) in 水の広場公園(東地区)★★★★★

大潮ですね。
少し風がありますが期待で胸を躍らせ釣り場へ。
場所は通勤途中にある水の広場公園。

ポイント情報

諸条件・コンディション

 時間:18時00分~20時30分(日の入り:17:05頃)
 場所:水の広場公園(東地区)
 天気:曇り
 潮周:大潮 下げ潮
 水質:やや濁りはあるが、クリアな状態
 海面:ざわつき有り
 風等:やや強い北東風

タイドグラフ

出典元:気象庁 https://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/db/tide/suisan/suisan.php

釣行概況

秋のシーバスシーズン真っ只中。
そして、金曜日なので多くの人で賑わってました。

西地区は人が多すぎて断念。
東地区の有明ふ頭橋付近に陣取りました。

橋脚にできる明暗を狙います。

選択ルアー①

この状況で選択したのはモアザン スイッチヒッター 65s(カラー:3Dイナッ子)。

<選択理由>
・ベイトがサッパやコノシロだと想定。
・表層下から中層のレンジを広く探りたい。
・広いエリアを探りたいので飛距離も大切。

個人的にはスイッチヒッターが最も適したサーチルアーだと思います。
広いエリアを様々なレンジで探れるし、なにより扱いが簡単です。

ボイル等を見つけられていない、魚はどこにいるの?っという状況では良く使います。
魚の前を通したときの魚の反応も抜群に良いですしね。
頼りになるルアーです。

魚を探す時は足元の近場から探っていって、だんだん遠くしていくことが鉄則。
こうすることで足元にいる魚から確実にキャッチでき、より多く釣果を増やすことが出来る。
、らしいです。

しかし、私は投げてしまうんですよね。
一番魚がいそうだなぁってポイントへ。しかも可能な限り一番奥へ。
一投でより広いエリアを探れるので、まずはいち早く一本釣りたい衝動にかかれるのです。
頭ではわかっていても気持ちを抑えきれない未熟者なのです。

より数多くの釣果を欲しい人は手前から。
意識していきましょうね。

正面から投げて橋に寄せていくように投げるポイントを少しずつ変えていきます。
スタートして4・5投目。
着水してルアーが動き出してすぐでした。

「ゴン!」とHIT!
あわせを入れた直後にエラ洗い。元気に動きまわる。最高です。

35cmの元気なシーバスです。
一本目はやはりうれしいですね。

この後は冷静にサイズアップを狙います。

一本目をリリースした後の2投目でした。
こちらも着水後、間もなくで「ぐーーー!」っと引くあたり。
しっかりあわせてHIT。

49cmのシーバス。フッコへサイズアップ成功!
良く引きました。

はじめてから30分以内で2本は上出来だと思いましたが、ここから続きました。

60cm丁度くらいのシーバス。スズキへサイズアップ!
やはり大きくなると逞しい。ルアーを丸のみでした。

48cmのシーバス。綺麗なフッコでした。

ポイントに着いた当初はベイトをあまり確認できませんでしたが、ベイトはサッパなようです。

20時前後には激しいボイルもちょこちょこ確認。
局地的にボコボコボコボコーーーー!!!っておこるボイルって圧巻ですね。

残念ながらキャストが届く場所ではなかったですが、届く人達は連続ヒット。
羨ましい!

この日は多くのアングラーの中に大野プロもいました。
誰よりも忙しそうに釣っていました。さすがです。

この後、負けじと一本。

52cmの良型シーバス。フッコサイズですが体高もあり力強く引いてくれました。

今日はこの5本で終了。
秋ですね~。

周りのアングラーの方も多く釣れていた様子。
釣果も聞けて楽しかったです。
人は多いですが、しっかり挨拶出来ればトラブルなく釣りを楽しめます。
マナーと譲り合りは大切です。

人が多くなるから釣り場が荒れるのではなく、マナーが悪い人がいるから荒れる。
皆で意識し合って、楽しくクリーンな釣りが出来ればと思います。

今日も楽しかったです。
自然と釣りができる環境に感謝。ありがとうございました。

HITルアー

使用タックル

タイトルとURLをコピーしました