水の広場公園(西地区)

【釣行録】2020年4月14日(火) in 水の広場公園(西)

夕まずめの日没時間前後を狙いスタート。

ポイント情報

諸条件・コンディション

 時間:17時30分~20時00分
 場所:水の広場公園(西地区) URL:http://www.tptc.co.jp/park/02_04
 天気:晴れ
 潮周:小潮 上げ潮
 水質:やや濁りはあるけども比較的クリアな状態
 海面:ざわつき程度
 風等:北風 少し強いかな程度

タイドグラフ

出典元:気象庁 https://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/db/tide/suisan/suisan.php

釣行概況

はじめに選択したルアーはPB-20(カラー:チャートパール)。

※画像をクリックするとアマゾンの検索ページにとびます。

<選択理由>
・まだ明るい時間帯なので魚はまだボトムにいると予想。
・岸壁すれすれのボトムで休んでいる魚を狙いたい。
・夕マズメの上げ潮時に動く小魚を演出。
・単純にテクトロしたい!

いろいろ理由をあげましたが最後のが一番の理由ですね。
皆さんもポイントに着いたら状態チェックをすると思いますが、私は時間を無駄にしたくないのでテクトロしながらチェックしております。

私がテクトロする時はPB-20を多用します。
コアマンさんのHPに「テクトロでも抜群の効果」と書いてある言葉を信じていることもありますが、20gだと普通に歩くペースでテクトロしても、程よいレンジをキープできるのが良いですね。

PB-13も使ったことありますが普通に歩くペースだと浮き上がってしまいます。
キャストしてゆっくり巻く際には13gが良さそうですがテクトロには20gがおすすめです。

ボトムから少しだけ持ち上げたくらいのレンジをキープしながらテクトロを開始。
少し濁ってはいますが光は底まで届いていそう。釣れそうです。

テクトロを始めて角を曲がりながら「釣りをできることに感謝だな」とか考えながら歩いていると、何かにぶつかった感覚あり。

食ったという感覚より石にでもぶつかった感覚。
あれっと?っと思った直後にもう一度同じ感覚。
今度はググッと引かれたので急ぎあわせました。

その直後にドラグが、
「ジーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー‼‼‼」
ドラグを緩くしてあったこともあり、足元から一気に持っていかれました。
むちゃくちゃ気持ちいい!テンションMAXです。

1度エラ洗いをされヒヤヒヤするも何とか引き寄せることに成功。
ここまでは何度か経験してますが問題はこの後のタモ入れです。
これまでも何度かタモ入れ直前でバラしてました。

はじめは竿を右手、タモを左手で持ってましたがうまくいかず。焦ります。

「落ち着け!」と自分に言い聞かせながらそれぞれの手を持ち替えて再度チャレンジ。
何とかタモ入れ成功!陸へ上げることができました。
初キャッチ成功です!!

陸に上げると口からルアーがポロリ。危なかったです。

サイズは45㎝。マルスズキですかね?

これが私にとっての初シーバス!
ものすごく興奮しました。本当にうれしかったです。

これまで海釣りでヒラメや太刀魚を釣ったことはありますが比較できない程の引きの強さでした。
フッコ君でこの引きなのでスズキのランカーサイズはどんな引きなんだろ?
むちゃくちゃ楽しみです!

これはやみつきになりますね。
皆さんが夢中になるのもわかります。

本日はこの後も少し投げましたが上の空。集中できなかったので帰りました。

2020年4月14日。ずっとあこがれ続けていたシーバスに出会えた記念すべき日です。
自然に感謝!ありがとう!!

使用ルアー

※画像をクリックするとアマゾンの検索ページにとびます。

タイトルとURLをコピーしました